1. ひとり暮らし(共働き)で日中留守にしますが子犬を飼うことはできますか?
  2. 同じ犬種でも価格が違いますがその理由は?
  3. 当初の価格よりも大幅に値下げされている子犬がいますが、欠点や疾患など何かワケありなのでは…?
  4. 子犬の健康状態と遺伝性疾患の有無についておしえてもらえますか?
  5. オスとメスはどちらが飼い易いですか?またその違いは?
  6. 毛が抜けないのはどの犬種ですか?
  7. この子犬の体重は将来何kgになりますか?
  8. この子犬の両親犬の体重は何kgですか?
  9. この子犬はどんな性格ですか?
  10. 子犬を予約したいのですが、どうすればいいでしょうか?
  11. 子犬を見学したいのですが、どうすればいいでしょうか?また、親犬を見ることはできますか?
  12. ○○県に住んでいます。近隣のブリーダーさんの子犬を紹介してもらえますか?
  13. ホームページの表示価格以外に必要な費用はありますか?
  14. カード払い、もしくは分割払いは可能ですか?
  15. 予約後のキャンセルはできますか?
  16. ワクチンは接種済みですか?
  17. 子犬の受け取り方法は?家まで届けてもらえますか?
  18. 子犬の空輸って大丈夫ですか?受け取り方法は?
  19. 車で子犬を受け取りに行きたいのですが大丈夫ですか?
  20. 血統書は付いていますか?
  21. 万が一子犬が亡くなってしまった場合などの対応は?
  22. 子犬を迎えた後、しつけや飼育の相談はできますか?

Q1. ひとり暮らし(共働き)で日中留守にしますが子犬を飼うことはできますか?

A1. 結論から申しますと、勤務時間が不規則で会社に泊まるようなことがあったり、よほど不規則な生活サイクルでなければ飼育は可能です。

最低限の必要条件としましては、1日2回の食事を与えられること、室内飼育の場合は室温を快適な状態に保てることです。食事の回数はほとんどのブリーダーさんが1日2~3回に調整済みの状態でお引き渡ししておりますので、これらの点をクリアして頂ければ子犬をお迎え頂いても大丈夫です。

日中留守にされる飼い主さんは、子犬を迎え入れる際に特別なこと(何日もの連休を取るなど)はせず、普段の生活サイクルのまま子犬を迎え入れるようにしましょう。普段と違った環境で子犬を迎え入れてしまうと、せっかく今までの(ブリーダー宅の)生活サイクルから新しい飼い主さん宅の生活サイクルに慣れつつあるところで再び環境が変わってしまいますので、本来なら一度だけで済む環境変化によるストレスを二度与えることになってしまうのです。

よく「ずっと子犬に付きっきりでなければダメですか?」といったご質問を頂きますが、その必要はまったくありません。飼い主さんが付きっきりでは子犬が喜んで遊びたがってしまうため、子犬が落ち着いて休めるようにひとりでゆっくり過ごすための時間を与える(=留守番させる)くらいの方が理想的です。また、留守番をさせるなどメリハリのある生活サイクルはしつけの面においてもプラスの要素となります。

参考までに日中留守にすることによって考えられるデメリットを挙げますと、留守中に排泄物の処理(掃除)ができない点でしょうね…。成犬になれば排泄回数が減りますので掃除はラクになりますが、子犬の時期はある程度覚悟をしておかなければなりません。

その他に気持ちの面で必要なことは、その犬種の特性をじゅうぶん理解されていること、ご家族全員が現在の生活環境下での飼育に賛成されていること、一生涯責任を持って面倒をみてあげる覚悟ができていることです。(当然のことですが…)

これらの条件を満たしていればまず問題ないでしょうが、もし他に何かご心配な点がありましたらお気軽にご相談ください。

それでもやはり今の生活環境(飼育環境)では心配ということであれば、現状下での子犬の飼育は諦めるべきなのかもしれません。飼い主さんが不安な気持ちのまま子犬を迎えてしまうと子犬も自然にその気持ちを感じ取って不安感を抱いてしまい、本来楽しいはずの生活がお互い(飼い主さんと子犬)にとって負担と感じるようになってしまうのです。


Q2. 同じ犬種でも価格が違いますがその理由は?

A2. まず第一の理由は性別と毛色の違いによるものです。室内飼育犬は男の子よりも女の子の方が割高で、屋外飼育犬はその逆のパターンが多くなります。また、人気毛色や希少毛色が割高となる傾向もあります。

次にブリーダーさんの価値観(考え方の違い)によっても価格設定が異なってきます。子犬に『定価』はありません。仮に別々のブリーダーさんのもとでほぼ同等質の子犬が生まれたとします。一方のブリーダーさんがその子に15万円の値を付けたのに、もう一方のブリーダーさんはその子に10万円の値を付けたというケースはそれぞれのブリーダーさんの価値観(考え方)の違いによるものです。

また、子犬は品質が均等化された工業製品とは違います。同じ兄妹犬でも犬質は様々ですが、すべてが同じ命という考え方から価格差を設けない場合もあれば、明らかに犬質の違いがハッキリしていることからあえて価格差を設ける場合もあります。また、親犬の血統の違いでも同様に価格差を設ける場合もあります。

それ以外の要素としては、流行や季節によって価格が変動する場合があります。価格変動の例としては、マスメディア等にある犬種が頻繁に登場することによってその犬種の人気(需要)が一時的に急上昇するようなケースや、ペットの需要が一時的に下がる時期(おもに夏場)にブリーダーさんが価格を通常よりも抑え目に設定するようなケースなどがあり、結果的にそれらが販売価格に影響してきます。


Q3. 当初の価格よりも大幅に値下げされている子犬がいますが、欠点や疾患など何かワケありなのでは…?

A3. 当初の価格よりも値下げしているケースの多くは月齢が経っているためです。子犬は日々成長しておりますので、早めに飼い主さんを探したいなどブリーダーさんの意向によっては値下げしてご紹介する場合があります。

ただし、どの時点(月齢)で価格を見直すかは各ブリーダーさんの考え方によって異なります。また、ある程度の月齢に達したすべての子犬が値下げ対象になるということではありません。成長に伴って犬質が良くなってきた場合は逆に値上げするケースもありますし、ブリーダーさんが跡取りとして残しても良いと考えている子犬は当初の価格設定のままというケースもあります。

なお、欠点などの特別な事情があって値下げしている場合は、コメント欄にその旨明記しております。価格変更の理由が特に明記されていない場合は単に月齢が経ってきたためとお考えください。


Q4. 子犬の健康状態と遺伝性疾患の有無についておしえてもらえますか?

A4. まず健康状態に関してですが、お引き渡しするすべての子犬に対して獣医師による健康チェック(簡易健康診断)を行っております。おもなチェック内容は聴診、触診、検便などで、心音や骨に異常が見られた場合はお引き渡しを中止し、日常生活に支障がない程度の症状(傷、細菌、真菌、寄生虫など)が見られた場合にはお引き渡し時にお薬をお渡しするなどして対応させて頂いております。もちろん生後2ヶ月齢前後という発育途中の時期ですので完璧な診断は不可能ですが、獣医師による事前のチェックによって重大な問題を抱えた子犬をお引き渡しすることを防げるのです。

遺伝性疾患に関しましては、無計画に繁殖が繰り返されているといった悪い噂も耳にしますのでご心配になられるのも無理はありませんが、すべてのブリーダーがそういったいい加減で無計画な繁殖を行っているわけではありませんのでくれぐれも誤解なさらないでください。また、当店の提携ブリーダーさんをはじめ、ほとんどの善良なブリーダーさんは何らかの重大な疾患がある生体を繁殖犬として使用し続けるなど常識外れなことをするような方はおりませんのでその点はご安心ください。

しかしながら、悪質な商業主義のブリーダー(ブリーダーとは呼びたくありませんが…)が存在するのも事実です。世間ではこういった輩のことを『パピーミル』、『繁殖屋』などと呼んでいます。実際にパピーミルと呼ばれる悪質な繁殖屋が繁殖犬として適切ではない成犬を使って繁殖を行うケースがあるのですが、生まれてくる子犬は意外と何の問題もない健康体であることが多いのです。(その疾患が親から子へ遺伝してダイレクトにそれが発症するような判り易いパターンはそれ程多くありません)

ただ、その健康体の子犬はそのマイナス遺伝子を確実に受け継いでいますので、成長過程で何らかの症状を発症したり、一生涯何も発症しなかったとしてもその子の子孫にはマイナス遺伝子を受け継がせる(隔世遺伝させる)ことになるのです。ほとんどのペットショップさんは仕入れた子犬を育てたブリーダーの素性や親犬を知らないので、仕入の時点で健康体である子犬はすべて『ショップの基準をクリアした子犬』になってしまうのです。

そういった観点から、当店ではブリーダーさんの素性はもちろんのことですが、親犬のことも判っている子犬をご紹介しております。それだけでも遺伝性疾患を抱えている子犬である確率はだいぶ低くなるはずです。

しかしながら、子犬は我々人間と同じ生き物でありマニュアル通りに生産された工業製品とは違います。犬も人間と同様に両親が何ら問題のない健康体であっても、軽度の疾患やアレルギー症状等を抱えた子が産まれるのは決して珍しいことではなく、稀なケースではありますが日常生活に支障を及ぼすレベルの疾患や障害を抱えた子が産まれることもあります。また、幼犬時にはそういった症状が見られなくても、成長過程で徐々に発症してくるといったケースが起こり得るという事実も知っておく必要があります。

純血犬種には『各犬種特有の罹り易い病気』があるというお話しを聞いたことがあると思います。純血犬種は人間によってそれぞれの目的に応じて作り分けられてきたという経緯がありますので、その試行錯誤の過程で使われた個体の遺伝子が『各犬種特有の罹り易い病気』として受け継がれてきたのです。つまり、広い括りで言うと『各犬種特有の罹り易い病気』は遺伝そのものである場合が多いのです。

こういった意味から私どもでは「当店の子犬に遺伝性疾患はありません」といった無責任なご説明はせずに、むしろ「すべての子犬は遺伝性疾患を発症する可能性が有り得る」という点を知っておいて頂きたいと考えております。

もちろんそのマイナスの『遺伝』を排除すべくブリーディングを行うことがブリーダーの義務ではありますが、生き物であるがゆえ(特に純血犬種は)様々なケースが起こり得ることをご理解頂いた上で子犬をお迎え頂きたいと考えております。

※ あくまでも他の犬種と比較すると『その病気を発症する割合が高くなる』という意味合いであり、その犬種は『その病気を発症する可能性が高い』という意味合いではありません


Q5. オスとメスはどちらが飼い易いですか?またその違いは?

A5. 一般的に男の子よりも女の子の方が性格が温厚で飼い易いというイメージが浸透しつつあるようですが、果たして実態はどうなのでしょう?

一般的にはオスの方が積極性に長けている傾向にあるため、“オスの方が気性が荒い”というイメージで見られがちですが、実際のところ積極性と気性は別モノです。積極性はその子が本来持って生まれた個性による要素が大きく影響しているのに対し、気性は生活環境(飼育環境)による要素が大きく影響していると言えます。

すなわち、きちんとリーダーシップを発揮できる飼い主さんであれば性別の違いで飼い易さが変わることはありません。ただ、現実に目を向けると、日本の多くの飼い主さんはリーダーシップを発揮できず愛犬と対等な(友達のような)関係になったり、場合によっては愛犬よりも下位に見られていることが多く、愛犬のしつけに手こずっていることが多いようです。

こういった主従関係になってしまうと支配欲が強いオスの方が飼い主さんを自分よりも下(犬社会で言う群れのメンバー)に見る傾向が強くなります。仮にそうなってしまっても小型犬であれば何とかコントロール(制御)出来てしまうのですが、力が強い大型犬になると成人男性であっても結構大変なものです。そういった意味ではメスの方が比較的扱い易いと言えるのかもしれません。ただし、「メスの方が扱い易いんだな…」と油断して子犬と接していくと結果的に失敗を招いてしまいますのでくれぐれもご注意ください。

具体的に性別によるおもな違いを挙げますと、男の子はマーキング(あちこちにおしっこをして臭い付けをする行為)の習性があること、女の子は発情期(生理)があることです。

男の子のマーキングの習性は飼い主さんがリーダーとして認められていれば本来あり得ない行為です。犬はその群れの中で1匹だけがリーダーとなることが許され、群れのメンバーはマーキング行為を一切行いません。つまり飼い主さんがしっかりとリーダーシップを発揮できればマーキング行為などあり得ないのです。中には成犬になっても普段過ごしているお部屋の中に限っては女の子のようにしゃがんでおしっこをする男の子もいる程です。

女の子の発情期はおおよそ10日間ほど出血が続きますが、小型犬ならたいした量ではなく、自分で舐めて処理してしまうためそれ程気になることはないでしょう。いずれにしても年に1~2回のことですので特に気にする程のことではないでしょう。

現実として室内飼育犬(小型犬~中型犬)は女の子の方が人気(需要)があり、屋外飼育犬(大型犬)は男の子と女の子で人気の違いはあまり見られません。ただ、室内で飼育される飼い主さんが多いため、どちらかと言うと男の子よりも女の子の方が人気があるのは確かです。特に在庫を抱えるペットショップさんでは「女の子(男の子)よりも男の子(女の子)の方が飼い易いですよ」といったお店側に都合の良いセールストークで実際の相違点をしっかり説明せずに早く売りたい子(男の子や生後日数が経って大きくなった子)を勧めるところが多いようです。

あまり周りの情報に惑わされずにご自身が最初に希望した性別の子や第一印象で気に入った子をお選びになるのが一番というのが当店の答えです。


Q6. 毛が抜けないのはどの犬種ですか?

A6. アレルギー症状を持った愛犬家さんにとっては深刻な問題でしょうが、そういった方はできれば屋外飼育が可能な犬種をお選び頂ければと思います。そうは言っても住宅事情(集合住宅など)で屋外飼育が無理な方もいらっしゃるでしょう。犬も生き物ですので抜け毛は避けられませんが、毛が抜けにくい犬種でしたらいくつかご紹介できます。

毛が抜けにくい条件としましては、『被毛がシングルコートであること』。本来、犬の被毛は防寒目的のアンダーコート(下毛)と防護目的のオーバーコート(上毛)で構成された”ダブルコート”ですが、アンダーコート(下毛)を持たない犬種の被毛を”シングルコート”と呼びます。代表的な犬種はプードル、ヨークシャーテリア、マルチーズ、パピヨンといったところです。

また、『剛毛質や巻き毛状であること』も毛が抜けにくい要素のひとつと言えます。代表的な犬種はシーズー、ウエストハイランドホワイトテリア、シュナウザーといったところです。ですので、『シングルコート』でなおかつ『剛毛質や巻き毛状』というふたつの要素を兼ね備えたプードルとヨークシャーテリアは抜け毛が少ない”最強”の犬種と言っていいかもしれませんね。

なお、『短毛種は抜け毛が少ない』といったイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、これは単なるイメージに過ぎません。例えばチワワにはスムースコート(短毛)とロングコート(長毛)の2種類が存在しますが、抜け毛の本数としてはどちらもほぼ同じです。ロングコートは抜け毛の量がかさばる(ボリュームが大きい)ため抜け毛が多いように感じますが、同じ犬種であればスムースコートもロングコートも抜け毛の本数はほぼ同じと考えてください。


Q7. この子犬の体重は将来何kgになりますか?

A7. 正直申しまして判りません…。成長後にどの程度の大きさに仕上がるかの判断材料は、現時点での身体つきや親犬のサイズくらいしかありません。従いまして「大きめ」「やや大きめ」「標準」「やや小さめ」「小さめ」といったレベルでのお答えになりますのでご了承ください。(人間の発育に置き換えてみればお解り頂けますよね)

よくある例として、他の子と比較して手足がガッシリしていたり長めだったりする子は大きく成長し易いと言われております。また、兄妹の数が多ければ小さめの子が揃っていたり、逆に少なければ(1~2匹の場合は)大きめの場合が多くなります。だからと言って、その時小さかった(大きかった)子がそのまま小さめに(大きめに)仕上がるということではありませんので、ひとつの参考例として覚えておくとよろしいでしょう。

なお、特定の犬種にこだわった(専門の)ブリーダーさんですと、系統がある程度確立されている場合が多いと言えます。そういったブリーダーさんでしたら、親犬・その他の成犬・過去に生まれた子供たちを見ることによって子犬の将来の(成長後の)姿を予想し易くなると言えるでしょう。ただし、お母さん犬は出産と子育てで心身ともに疲れて痩せていたり毛吹きが悪い場合もありますので、その点をご考慮頂いた上でご覧頂ければ幸いです。


Q8. この子犬の両親犬の体重は何kgですか?

A8. 基本的には「大きめ」「やや大きめ」「標準」「やや小さめ」「小さめ」といったレベルでのお答えをさせて頂いております。(体高、体長も同様のお答えとさせて頂きます)

その理由は実物をご覧頂く前に具体的な数値だけをお知らせしてしまうと、実際の様子(見た目での大きさ)がイメージしにくくなってしまうからです。特に犬種図鑑などでしかその犬種のことをご存じない方(実物をあまりよくご存知でない方)の中には標準値(標準体重)と異なる数値を聞いてしまうと頭の中で実物とは違った容姿を作り上げてしまう方が多くいらっしゃるようです。

人間と同様、犬も体長や体高が同じでも体重が違ったり、見た目(体格)が同じようでも骨量や筋肉量によって体重が異なる場合もあります。特に小型犬の場合はそれが顕著に現れてきます。

そういった誤った解釈を避けて頂くためにも、両親犬のサイズは具体的な数値ではなく外見的な大きさをお伝えするようにしておりますが、やはりご自身の目で実物をご確認されることが一番です。「何よりも両親犬のサイズを重要視したい」というお客様は是非ともご見学をおすすめしておりますのでご遠慮なくお申し付けください。(父犬は別のブリーダーさんのもとにいる場合もありますのであらかじめご了承ください)

なお、子犬は両親犬よりも祖父母犬に似る(=隔世遺伝)場合も多々あります。子犬が成長時に両親犬とは似ていない容姿に仕上がるケースもございますので、その点もご理解頂いた上で両親犬をご覧頂ければと思います。


Q9. この子犬はどんな性格ですか?

A9. これは結構多く頂くご質問ですが、誠に恐れ入りますが正確なお答えができない場合がほとんどです。

まず子犬は生後3週齢を迎える頃から自らの意思で動くようになります。まだこの時期は動くと言ってもヨチヨチ歩き状態で、ようやく周りの兄妹犬を仲間として認識し始める時期です。当然この時期には個性の違いといったものは見られません。

生後4週齢を迎える頃には徐々に動きが活発となり、ようやく親兄妹以外の周囲のものや人間に対して興味を持ち始めます。ただし、まだどの子も個性の違いはほとんど見られません。

そして生後5週齢を迎える頃にようやく個性が表れはじめます。兄妹犬の中でおとなしい(控えめな)タイプか、やんちゃな(積極的な)タイプか、といった程度の違いでしたら見分けることができますが、この時点での個性はあくまでも兄妹犬の中でのものでまだまだ流動的です。

生後6週齢を過ぎると、その個性の違いにもさらに磨きがかかって(際立って)きますが、この頃の個性もみなさんがイメージする性格とはまだまだ違いがあります。また、この頃の個性の違いはあくまでも兄妹犬と一緒にいる中でのものなので、他の兄妹犬たちからいつもちょっかいを出されてしまうようなおとなしいタイプの子が、新しい飼い主さんのお家へ行ってみると今までのおとなしさが嘘のようなやんちゃっ子になっていたということもあります。(もともとやんちゃな子は新しいお家へ行ってもそのままの場合が多いようですが…)

恐らくみなさんが知りたいと思われている「性格」というのは、「無駄吠えが多いか」、「従順な子か」、「しつけがしやすいか」といった点(自我が芽生えてから固定化される性格)ではないでしょうか?残念ながらこれらは生まれ持った個性とは違います。みなさんが知りたいと思われている性格のほとんどは生後3~4ヶ月齢の経験(子犬への接し方、しつけ、飼育環境)を基に形成されます。要はいかに飼い主さんと子犬が良好な主従関係を築けるかという点に懸かっているのです。

当サイトに掲載している子犬はほとんどが生後2ヶ月齢未満の子ですので、性格に関するお問い合わせは「自我が芽生えてから現れる性格」というよりも「生まれ持った個性」や「兄妹犬の中での個性」としてのお答えとなりますことをご了承ください。


Q10. 子犬を予約したいのですが、どうすればいいでしょうか?

A10. ご予約は予約申込書にご署名を頂き、予約金をお支払い頂いた時点で正式な予約となります。口約束での予約は受け賜っておりませんのでご了承ください。また、ご予約に際しては子犬見学が必要となります。詳しくはお問い合わせからお迎えまでのながれをご参照ください。

これから出産が予定されている子犬のご予約を希望される場合も同様となりますが、まだお値段が決まっておりませんのでご予約の際には予定価格を提示させて頂きます。出産前のご予約を希望のお客様はご遠慮なくご相談ください。


Q11. 子犬を見学したいのですが、どうすればいいでしょうか?また、親犬を見ることはできます?

A11. 子犬見学はすべて事前予約制とさせて頂いておりますので、ご希望日がお決まりになりましたらなるべくお早めにお申し付けください。なお、基本的には当日の見学依頼には対応できかねますので何卒ご理解ください。

なお、当サイトでご紹介している子犬はすべて子犬が生まれたお家(ブリーダーさんのお宅)におります。時々「今、近くまで来ているので子犬を見せてください」といったお電話を頂きますが、当店では子犬の展示販売を行っておりませんのでご了承ください。

また、子犬見学には基本的に当店担当者がご案内致します(立ち会います)ので、見学のお申し込み等はすべて当店にお申し付けください。(ブリーダーさんをご紹介するシステムではありませんのでご了承ください)

もちろん親犬もご覧になれます。お母さん犬はお産直後のため見た目があまり良くない場合もありますが、その点はご理解くださいね…^^; 子犬は特に気性面において親犬に似てくる傾向が強いため、子犬見学の際にはそういった面を確認しておくとこれからの子犬の接し方に役立つかもしれません。また、子犬が離乳前の場合は子犬だけをご覧頂くと普段と違う状況に緊張してブルブル震えてしまうようなことがありますが、お母さん犬と一緒だとリラックス出来てより自然な姿をご覧になれるというメリットもあります。

ただし、既に離乳が完了している場合、親犬は別の場所で過ごさせている場合がありますので、親犬見学を希望される場合は事前にご確認頂いた方が確実です。なお、お母さん犬はブリーダーさんが飼育していても、お父さん犬は別のブリーダーさんが飼育している場合が多いためお父さん犬はご覧頂けない場合があります。

その他の詳細は子犬見学についてをご参照ください。


Q12. ○○県に住んでいます。近隣のブリーダーさんの子犬を紹介してもらえますか?

A12. 当店でご紹介している子犬はすべて関東地区のブリーダーさんのもとで生まれておりますので、関東エリアおよびその近郊にお住まいのお客様であれば対応可能です。

関東エリア以外で生まれている子犬をお探しのお客様に関しましては、大変申し訳ありませんがご期待にお応え出来ない状況でございます。当店でご紹介している(ホームページに掲載している)子犬は原則として当店スタッフが直接個体チェックを行っておりますので、必然的に当店(埼玉)周辺のブリーダーさんということになってしまいます。どんな飼育環境かも判らない見ず知らずのブリーダーの子犬をご紹介するといった販売スタイルではありませんので何卒ご理解ください。


Q13. ホームページの表示価格以外に必要な費用はありますか?

A13. 手渡しの場合は基本的に税込みの表示価格のみです。

ただし、お引き渡し時期やお客様のご希望に応じて下記費用が発生する場合もございます。

■送料
子犬をお客様ご指定の場所(ご自宅、最寄空港等)へお届けする場合には別途送料が発生致します。当方指定場所(おもに埼玉県越谷市内、もしくはブリーダー宅)での手渡しとなる場合、送料は不要です。

■混合ワクチン接種費用
お引き渡し時期(生後日数)によっては混合ワクチン接種後のお引き渡しになる場合がございます。この場合、別途ワクチン代実費(7~8千円)をご負担頂くことになります。(ワクチン代込みの表示がある場合はこの限りではありません)


Q14. カード払い、もしくは分割払いは可能ですか?

A14. 誠に恐れ入りますが生体に関しましてはカード払い、分割払いは取り扱っておりません。

子犬を迎えた後も何かと出費がかさむものですし、突然のケガや病気で発生する医療費のことも考えておかなければなりません。そういった点を考慮しますと、無理をしてまでペットを購入することは時期尚早なのではないかと感じます。


Q15. 予約後のキャンセルはできますか?

A15. 正式なご予約(予約申込書へのご署名)を頂いてからのキャンセルはお受けしておりません。また、お支払い頂きました代金の返金も一切できかねますのであらかじめご了承ください。

子犬はこれから10数年一緒に過ごすパートナーとなりますので、安易なご予約(衝動買い)を避ける意味で予約申込書へのご署名をお願いしております。必ずご家族みなさんの同意を得てからご予約頂けますようお願い申し上げます。


Q16. ワクチンは接種済みですか?

A16. お引き渡し方法、お引き渡し時期、ブリーダーの方針等によって対応が異なりますが、基本的には混合ワクチン未接種の状態でのお引き渡しとなります。

当店でご紹介する子犬は不特定多数の人物や動物が出入りする生体オークション(競り市)やブローカーを経由することがありません。手渡しでのお迎えであれば(空輸でなければ)、混合ワクチンはお迎えから1週間程経ってから(新しい環境にじゅうぶん馴染んでから)動物病院で接種して頂ければ大丈夫です。

「それで大丈夫なの?」と思われた方は少々長くなりますがワクチン接種についてをお読みください。


Q17. 子犬の受け取り方法は?家まで届けてもらえますか?

A17. 基本的には埼玉県越谷市内でのお引き渡し(手渡し)になります。また、ご希望に応じてブリーダー宅でのお引き渡しも可能ですが、この場合はお引き渡し前の獣医師による健康チェック(簡易健康診断)ができない場合もございますのでご了承ください。

関東エリア(もしくはその周辺)にお住まいのお客様でお迎えの都合がつかない場合はご自宅まで直接お届け致します。お届けの際は当店担当者が乗用車で責任を持って伺います。運送業者への外注はありませんのでご安心ください。

遠方にお住まいのお客様で後日改めてのお迎えが難しい場合は、空輸(最寄空港止め)でのお引き渡しも可能です。

なお、お届けの場合は送料が別途発生致します。


Q18. 子犬の空輸って大丈夫ですか?受け取り方法は?

A18. 大丈夫です。むしろ長距離を車で移動するのであれば飛行機の方が子犬への負担は軽くて済みます。発送は羽田空港、もしくは成田空港からの直行便になりますが、ほとんどの地域(沖縄、離島を除く)は60~90分程度で到着します。

空輸がまったくストレスにならないとは言いませんが、機内で子犬が乗るスペースは客室と同等に空調(気圧、温度、湿度)が保たれていますので、飛行中は熟睡している子がほとんどです。

子犬のお引き渡しは生後2ヵ月齢前後からとなりますが、犬の生後2ヵ月齢は人間の体年齢に換算すると3才程度に値します。人間の乳幼児でも飛行機での移動ができるのと同じように、子犬も飛行機での移動程度なら問題ありません。

空港では専用カウンター(おもに荷物カウンター)での受け取りになります。受け取り時はカウンターに身分証明書(運転免許証など)を提示して頂くことになります。子犬は私どもで用意する専用バスケットに入って到着しますので、そのまま連れて帰ることができます。(バスケットは返却不要です)


Q19. 車で子犬を受け取りに行きたいのですが大丈夫ですか?

A19. 大丈夫です。移動中はキャリーケースなどに入れてフタを閉めるなどして中を暗くしておけばすぐにぐっすり眠ってくれます。2~3時間の移動時間でしたらまっすぐご自宅へ帰りましょう。

ただし、羽田空港や成田空港から直行便が往来する程の遠方からお越し頂くのであれば、より負担の少ない空輸でのお引き渡しをおすすめしております。


Q20. 血統書は付いていますか?

A20. ミックス犬(雑種)以外の子犬にはすべて血統書が付いております。ただし、特別な事情がある場合は血統書をお付けできない場合があります。(血統書がない場合は事前にその旨お伝えしております)

そもそも血統書とは単なる家計図に過ぎません。“血統書があるから優秀犬”といったイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるようですが、雑種でなければ血統書があって当然なのです。

血統書はさまざまな団体から発行されます。日本ではほとんどの血統書がJKC(ジャパンケネルクラブ)から発行されますが、JKCの他に日保(日本犬保存会)、JCC(日本コリークラブ)、PD(日本警察犬協会)、全猟(全日本狩猟倶楽部)、KC(日本社会福祉愛犬協会)をはじめとした数多くの団体があります。ほとんどの血統書は他団体への書き換え(登録)が可能ですが、一部互換性がない場合(例:KC登録からJKC登録への変更など)がありますのでご注意ください。

血統書は発行され次第、お送り致します。ほとんどの血統書は子犬のお引き渡しから1~2ヶ月でお届けできますが、稀に半年近くかかる場合もありますのでご了承ください。


Q21. 万が一子犬が亡くなってしまった場合などの対応は?

A21. ご予約頂きました子犬はお引き渡しまで細心の注意を払って大切に育てていきます。お引き渡し前の子犬が体調を崩してしまった場合は、その状態をご報告した上でお引き渡しできる状態に回復するまで責任を持ってお預かり致します。仮にお引き渡しができなくなってしまった場合は、お支払い頂きました代金はすべて返金致します。

お引き渡し後に関しましては、お引き渡しから10日以内(潜伏期間の関係から)に2大伝染病のパルボ、ジステンパーで死亡した場合はお支払い頂きました子犬代金を全額返金致します。また、それ以外の理由で死亡した場合も生命保証の範囲内にて対応させて頂きます。生命保証の内容につきましてはこちらをご参照ください。なお、いずれの場合でも獣医師の診断書が必要となります。(生命保証を付保するにあたっての代金は一切戴いておりません)

お引き渡し前は元気いっぱいの子犬であっても、環境変化に耐えられず下痢、嘔吐等で体調を崩してしまうことは決して珍しいことでありませんので、お迎え後は余計な体力を消耗させないようゆっくりと休ませてあげてください。

当店では生命保証の範囲内での保証はさせて頂いておりますが、医療費の保証はできかねます。最近はペットの医療保険といった便利な制度もありますので、こういったものに加入してみるのも賢い選択と言えるでしょう。


Q22. 子犬を迎えた後、しつけや飼育の相談はできますか?

A22. お引き渡し前、お引き渡し後を問わず、何か分からないことがありましたら遠慮なくご連絡ください。特にお引き渡し直後は最も体調を崩し易い時期です。緊急を要する場合はメールよりもお電話にて(時間外は担当者携帯電話まで)ご連絡願います。